映画「とんび」の見どころや出演者&主題歌に予告動画やロケ地情報!

2021年2月23日

小説家・重松清さんの名作小説「とんび」が日本を代表する俳優陣で映画化決定!

主人公は阿部寛さん、息子役を北村匠海さんが演じる映画「とんび」は、2022年全国で公開です。

今回は、映画「とんび」の見どころや出演者をご紹介していきます。

映画「とんび」の作品情報

映画「とんび」は、2003年10月~2004年7月にかけて各新聞社で連載された小説「とんび」が原作の物語。

過去に2度NHKとTBSでテレビドラマ化されており、それらに続き本作が3度目の映像化となります。

作品情報

作品名 「とんび」
公開日 2022年
上映時間
配給会社  KADOKAWA
監督 瀬々敬久
脚本 港岳彦
音楽
主題歌
キャスト 阿部寛
北村匠海

 

映画「とんび」出演者

市川安男:阿部寛

広島県備後市生まれで通称・ヤス。

長男・旭を儲け1児の父親となるが、事故で亡くなってから、不器用ながらもアキラを愛して育てる

市川旭:北村匠海

ヤスの息子。

ダメな父を理解し、真っ直ぐな大人へと成長していく。

映画「とんび」の予告動画

映画「とんび」の予告動画は、公開されていませんでした。

映画「とんび」の主題歌

映画「とんび」の主題歌は、発表されていません。

情報が解禁され次第、追記させていただきます!

映画「とんび」の見どころ&ネタバレ

映画「とんび」の見どころ

映画「とんび」は、オリジナルエピソードが見どころです。

原作「とんび」は昭和中期以降の瀬戸内を舞台とした物語。

初の映画化となる本作では、令和の時代までがオリジナルで描かれています。

 

昭和30年代から令和までという長い時間が描かれていることで、家族は形が違えど時が経っても変わらないことが体現されているのです。

息子に寄り添う父、親子を取り巻く温かい人々の愛の物語に注目してご覧ください!

映画「とんび」のネタバレ

内容がわかり次第、追記いたします!

映画「とんび」の原作

映画「とんび」は、小説家・重松清さんの小説「とんび」が原作です。

原作「とんび」は、累計発行部数60万部を突破したベストセラー小説

 

広島県を舞台に、妻を失った父親が息子と向き合い、男手一つで育てた父の半生と親子の絆を描いた作品。

本作はこれまで、2012年にNHKで堤真一さんと池松壮亮さん、2013年のTBSドラマでは内野聖陽さんと佐藤健さんが共演してドラマ化されています。

 

初の映画化となる本作は、オリジナルエピソードも加わり、いつの時代も変わらない親子の絆が描かれている作品です。

映画「とんび」のロケ地情報

映画「とんび」のロケ地は、「とんび」は、岡山県や兵庫県、関東地区などです。

撮影は2020年11月14日に撮影がスタートし、12月24日にクランクアップしています。

原作者・重松氏の故郷である岡山県がロケ地の中心となり、兵庫県や関東地区でも撮影が行われました。

映画「とんび」のまとめ

映画「とんび」のの見どころや出演者をご紹介していきました。

本作は、阿部寛さんと北村匠海さんが初共演する注目の映画です。

親子の愛情や周囲の人情などジーンとくるシーンが多く、観た人の心に残る1作になること間違いないで期待が高まりますね!

2022年公開の映画「とんび」をぜひ、劇場でご覧ください!